usaoverwatch

usaoverwatch

オーバーウォッチについて、主にesportsの観点から記事を書いています。

Overwatch World Cup 2018 Incheon Qualifier 感想その他

f:id:usaouzao:20180821033452j:plain

 

WC2018の仁川予選が終わったので感想でも書いていきます。

今回もチームごとに見ていく。

※批判的内容を含んでいるのでファンの皆さんは日本のところは読まないほうがいいかもしれません

 

Hong Kong

仁川予選の悲劇。

0‐5スコアで尚且つ1マップもとれていないので、控えめに言っても惨敗ですね。

悪く言うと香港ドラゴンズです。

DPSとサポートはプロの選手なんですけどタンク陣がどうやら無所属の選手のようで、この厳しい?予選では全くと言っていいほど通用していませんでした。

見たところDvaの中身で放置されたときの対処すらわかっていないようだったので、まあこれは見るまでもなく全敗だろうなと思っていたら案の定そうなってしまいました。

ワールドカップはどうしても国によって差が出てしまうので仕方ないですね。

ただTwitchのチャットでも”SPEC MOWEE”とスパムされていたように、Moweeのウィドウはこのチームの中で頭二つ抜けて活躍してたんで一応の見せ場は作ることができました。

 

Taiwan

ある意味一番おいしくないポジションでした。

チームとして機能しているレベルには上手かったんですけど、他の強い国相手に勝てるかと言われたらそんなことはないという感じ。

特に目立った選手もいないし、目立ったプレイもありませんでした。

というかぶっちゃけ台湾と香港の試合は一日目以外はまともに見てません。

KantのトレーサーがSDBジャンクラットのトラップに一生引っ掛かり続けてたのだけは笑いました。

 

Japan

「韓国以外には負けないと思います」ってインタビューで答えてたんですけど、そんなことはありませんでした。

格下には普通に勝って、格上にはなす術もなく負ける。

そんな感じ。

格下相手の試合と格上相手の試合でチームとしての動きに差があるというか、格上相手には勝手に崩壊しちゃってる感が否めませんでした。

ロシアは正直勝てる相手なんじゃないかと思っていたし、実際1マップ目は割とすんなりとれたんですけど、Mistakesがトレーサーを出し始めてから状況が一変して全く対処できずに崩壊してそのまま終わってしまいましたね。

韓国だとかフィンランドに勝つなんてのはもともと期待していなかったけど、試合前から「次韓国相手だ~(困った顔文字)楽しんできます!」みたいな初めから勝つ気がないツイートしていたり、フィンランド相手にボコられてるのにへらへら笑ったりしてたのにはがっかりしました。

勝ってやろうという意志が感じられませんでした。

そもそもArkの「日本に4‐0で勝ったら観客にジャージあげるし1000ドル募金もしたるわ」って宣言に対して「ジャージください;;」なんてツイートしてる時点で意味がわからないですからね。

日本の代表がですよ?

流石に笑えません。

ファンボ気分で韓国へ旅行しに行ってるようにしか見えない選手がいるのは非常に残念でした。

同じ土俵に立つ(べき)プロだという自覚を持ってほしいです。

もちろん全員がそうだとは言いませんけどね。

ta1yoさんなんかはしっかりしてて個人的に好感が持てました。

 

Russia

DPSがやはり強い。

MistakesもShaDowBurnもOWLでは元ベンチ&現ベンチの選手ですけど、こういう場でみると二人とも優秀な選手だったんだなと改めて思いました。

Mistakesはウィドウは不調だったっぽい(本人もツイートしてた)ですけどトレーサーに関してはやはり一流。

リーグではロリキャスが抜けたせいで色々やらされてたけど、元々はトレーサーワントリックだったんですよね。

SDBのファラは意味わからんぐらい直撃かましてました。

ゲンジも台湾を八つ裂きにしてました。

Fusionでは慎重なプレイスタイルがチームとは合ってなかったっぽいですけど、優秀な選手なのでベンチから脱却してほしいところです。

初戦の香港戦を見たときは勝ってるんだけどフォーカスが微妙に合ってなかったりでなんとも言えない感じだったんですけど、Mistakesがトレーサーを出し始めてから噛み合い始めて結果的には見ごたえのあるチームになりました。

なお韓国にはまたボコられる。

 

Finland

個人的お気に入り。

魅力ある選手が揃ってますよね、フィンランドって。

元々Giganttiで共にプレーしていた選手たちなのでシナジーもばっちり。

そして韓国相手に唯一マップをとったチームです。

というか2‐3スコアで、タイブレーカーのコントロールマップも最後の最後までもつれ込む接戦中の接戦でした。

見てない方は見たほうがいいですよこの試合。

あとはフィンランド対ロシアもいい試合でした。

個人的にはfragiとzappisを評価したいです。

二人ともOWLではベンチ選手ですけどこの仁川予選では良い活躍してました。

fragiのハンマーブンブン最速シャターラインハルトは見てて気持ちがいい。

TaimouはBlizzconでは韓国をぶちのめしてやると意気込んでるようです。

 

South Korea

逆に書くことないですねw

そりゃまあ勝つでしょうというチーム。

WC前のRunawayとのエキシビションマッチで負けて入れてたけど毎年の恒例行事なので気にしない。

というかRunawayより強いチームがWCで出てくることはないので問題ない。

フィンランドとは接戦だったけど、この試合が三日目だったらもしかしたらロシアと同様に一方的になってたかもしれないなと思うくらい後半は仕上がってました。

強い。

Carpeは怪物。

以上です。

今年も優勝するんだろうなという感じです。

 

 

こんなところですかね。

Overwatch World Cup 2018 - Incheon Qualifier - Liquipedia Overwatch Wiki

詳細結果見たい方のためにLiquipediaへのリンクでも貼っておきます。

 

ワールドカップは国によってかなり力量差があるんでどうしても一方的な試合が多くなるんですけど、普段なかなか見られない選手たちの活躍が見られる場でもあるのでやはり見ていて楽しいです。

あと内容には関係ないですけどせっかくのワールドカップなのに宣伝足りてないんじゃないかと思いました。

Redditでも同じようなこと言ってるスレ立ってたんで、ゲーム内で宣伝するなりツイッターで宣伝するなり力入れてほしいなと思います。

 

今週末はOWLのオールスター戦があるのでお見逃しなく。

日本時間8月26日(日曜日)の午前8時開始です。

アトランティクの方がめっちゃ強そうに見えるんですけどもウィドウ1vs1もあったりOWLのキャスター・アナリストの試合もありますのでお楽しみに。

 

それではさようなら。